牧師のメッセージ 燈心って何? 燈心Topページへ
「目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから」
マタイ福音書25章13節
短い聖書の箇所だけを記載しました。この聖書の箇所は、皆さんもよく知っているマタイに中に出てくる「十人のおとめ」のお話の中で語られている言葉です。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに行きました。そのうちの五人は愚かな者であり、五人は賢い者でした。愚かなおとめたちは、ともし火は持っていましたが油の用意はありませんでした。ですから、ともし火の入れ物の中に入っているだけの油しかありません。賢いおとめたちは、それぞれのともし火と一緒に、壷に油を入れて持っていました。ところが、花婿の来るのが遅れて、皆眠気がさして眠り込んでしまいました。真夜中に突然「花婿だ。迎えに出なさい」との声がありました。そこでおとめたちは皆起きて、眠い目をこすりつつそれぞれのともし火を整えました。愚かなおとめたちは賢いおとめたちに言いました。「油を分けてください。わたしたちの火は消えそうです。」。賢いおとめたちは答えました。「分けてあげるほどありません。それより店に行って自分の油を買ってきた方がよいです。」。そこで、愚かなおとめたちには油を買いに出て行くのですが、愚かなおとめたちが油を買いに行っている間に花婿が到着して、用意のできている五人は花婿と一緒に婚宴の席に入り、戸が閉められました。戸が閉められた後に愚かなおとめたちも帰って来て「ご主人様、ご主人様。戸を開けてください。」と願いました。が、主人は「はっきり言っておく。わたしはお前たちを知らない。」と言い、愚かなおとめたちは婚宴の席に入ることはできませんでした。そして、イエスはこのたとえ話の後にこう付け足しました。
「目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから」

 「その日」「その時」というのは、キリストの来られる時のことです。その日がいつなのかについては誰ひとり知らない。極端に聞こえるかもしれませんが、知る必要もないといってもよいと思います。そういうことについてあれこれ考えるよりも、もっと大切なことに注目していきたい。
 では、注目すべきところはどこかというと、十人のおとめともともし火は用意していましたが、ともし火に予備の油を持っていた、持っていなかった、というところです。そして、更に考えなくてはならないことは予備の油を持っている、持っていないということは一体どういうことなのかということです。これこそが私たちへのイエスの問いかけです。
 初代のクリスチャン達にとって、たとえば、ペトロやパウロにおいては、多分その始めの頃は予備の油を持たずに、ただのともし火ひとつだけ持って生きていたように思われます。しかし、やがて彼らにあっても予備の油が持たれるようになっていったようです。その必要が生まれてきた理由が「再臨の遅延」と言うことでした。再臨の遅延というのは、イエスは再び来られるということについての問題でした。初期のキリスト者にとってそれは完全な確かさとして受け止められていました。だから、彼らには緊張があった。あの情熱的なたゆまない信仰への歩みだしは、その緊張と深く関係していたと思えます。パウロの手紙を読んでいますと、彼は、確かに自分が生きている間に再びイエスがやってくると思っていました。しかし、その熱意によって信仰を持つ人が多くいたのですが、その半面で、世を捨てて、仕事を捨ててしまって宗教生活にだけ生きてしまった人々が現れました。テサロニケの第二の手紙の中で書かれている「怠惰な生活をしている者」とは、怠けているということではなくて、日常生活を止めてしまった人たちのことです。そこでパウロは「働かざる者、食うべからず」と言ったわけです。「ちゃんと普通の生活を営みつつ主を待ち望め」と言いたかったのです。それが再臨を待望する熱心さの悪しき部分でした。
 イエスを知っている人たちが少しずつ亡くなっていきました。殉教したというのではなくて、年老いていったのです。教会の中に混乱が起こりました。キリストは来ない?来る?。マタイの福音書はちょうどその混乱の中で書かれていったようです。ですから、ともし火をともすということだけではなくて、ともし続けることを大切にしていったのです。それが「花婿の到着が遅れて」という形で語られ、更に遅れてもともし火がともされ続けていることを大切にしていったのです。つまり信仰が短距離走的な熱心形から、長距離走的な継続形へと変えられていくわけです。
先週の説教での「ムナのたとえ」でも、やはり同じくイエスがすぐにでも王になると信じ込まれていた中で、確かにイエスは王になるのだが、彼は一つの命令を残しています。そしてその残していった一つの命令をめぐってのお話でした。その命令を蔑ろにするな!ちゃんと商売をせよ!それができなくとも銀行に預けて利息を儲けよ!わずか一円でもよい。そのわずか一円の利息収入を蔑ろにするな!そこには、「ごく小さいこと」に答えが隠されていたわけです。
 実に、聖書はこの「ごく小さな事」とか、「ごく小さな者の一人」との深く関係しつつ書かれているようです。聖書はただ命令が書かれているとか、真理が書かれているとかではなく、聖書を通してこの「ごく小さな事」とか「ごく小さな者の一人」が見えてくるかどうかが鍵です。たとえ、表面的に聖書の言葉が守られていたとしても、この「ごく小さな事」とか「ごく小さな者」がその信仰の中で見失われているなら、それは結局「予備の油」を持たない信仰です。ただの熱意と情熱でごまかした、見栄えをよくしただけの信仰です。そういう熱心さに人は陥れられるけれども、その罠から這い出しもできる。そして、予備の油を持ってともし火をともし続けることもできるのです。そのともし続けられる信仰の中に、その信仰の交わりの中に王としてのキリストが来られる。マタイでは十人のおとめの後に出てくるイエスの話の中に語られています。そのキリストとは、不当に「飢えさせられた者」、不当に「乾かされた者」、不当に「旅を強いられた者」、不当に「裸にさせられた者」、不当に「病を負わされた者」、そして、不当に犯罪者にされ「獄につながれた者」でした。
 予備の油のあるともし火。ともし続けられていくともし火。それは一つの律法が引き受けられているともし火。あの「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたは互いに愛し合いなさい。」の律法が、その律法のゆえに自分の自由が奪われることがあるけれど、それでも何とかやり抜けようとしている、ということ。「愛し合う」とはこの「ごく小さな事」や「ごく小さな者」をちゃんと見出しているということ、そういう人々を失っていないということ。それを自分たちの交わりに中に招いていこうとしているということ、自分の生活がただ自分だけのもので終わらせず、あたかも子どもと一緒に生活するかのようにある種の不自由さを常にもって行われていること。その小さな者が自分の生活の中で自由に生きているということ、です。

クリスマスの準備がわたしの中に始まりました。今年のクリスマスは、クリスマスを迎えるということで終わらず、「いと小さい者の一人」をめぐっての旅の中で進めて行こうと考えています。いと小さき者の一人としての幼子が、豊かに私たちの中で誕生しますように!
神に感謝!

新発田ルーテル・キリスト教会牧師
士反 賢一
燈心Topページへ 高野さんの証し202 松田さんの証し202 五十嵐さんの証し202